女の人

脂肪溶解注射をしてスリムボディ|効率的に痩せる方法

更年期障害の治療にも

注射されるウーマン

更年期障害の治療にも

閉経の前後で女性は心身ともに、大きな変化があります。それは女性ホルモンが急激に減少することが原因で起こります。女性ホルモンの量の変化についていけず、自律神経の乱れを起こします。急に体がほてったり、運動したわけでも暑いわけでもないのに急に汗がどっとでたりするのも、自律神経の乱れが原因と言われています。又。女性ホルモンの一つ、エストロゲンが減少することで肌が一気に衰えます。エストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれるぐらい、肌のうるおい効果があります。その他にも、更年期になるとイライラしたり、倦怠感に襲われたりと目には見えない不調も増えてきます。更年期障害の治療は、漢方薬などの服用やホルモン療法などもありますが、プラセンタ注射がおすすめです。なぜならプラセンタ注射は、更年期の辛い症状を緩和するだけではなく、美白効果などの嬉しい効果も期待できるからです。更年期障害の症状があれば、保険適用される場合が多いようです。

なぜ注射がいいのか

プラセンタは、注射以外に化粧品や錠剤やドリンクもあります。どれもプラセンタとつけば、同様の効果があると思われるかもしれませんが、やはり注射が一番効果が高いようです。それは病院で行うプラセンタ注射には、ヒト由来のプラセンタが使用されているからです。しかし化粧品やサプリメントは馬や豚由来のものです。プラセンタ注射は安全面も確認されています。その証拠に、過去に重大な副作用が起こったという報告はされていません。プラセンタ注射は、できるだけ定期的に行うほうがいいでしょう。効果は約1週間程度持続するようです。注射が苦手な方もいますが、皮下注射ですので痛みも少ないですし、お尻に注射をするとより痛みを感じにくいようです。最近では、健康効果を求めて男性もプラセンタ注射をする人が増えているようです。