女の人

脂肪溶解注射をしてスリムボディ|効率的に痩せる方法

にきび跡の治療法

レディの顔

綺麗に治せる

昔は治療が難しかった頑固なにきび跡も、いまは最新医療の力で可能な限りきれいに治せるようになりました。にきび跡の治療を受けることができるのが、美容皮膚科です。一般皮膚科では、にきびの治療はできますが、にきび跡の治療は断られる場合があります。そもそも一般皮膚科は病気の治療をする医療機関です。そのため、病気ではないにきび跡は専門外なのです。大阪でにきび跡に悩んでる人にも、美容皮膚科がお勧めです。大阪市内にも、最先端のレーザーや光マシンを導入している美容皮膚科が沢山あります。フラクショナルレーザーをすれば、クレーターのへこみを解消できます。大阪の美容皮膚科では、その他にも古い角質や真皮に働きかける医療機器を複数導入しています。

にきび跡の種類

炎症性にきびは毛穴に余分な皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖することで出来ます。そして炎症のダメージがひどいと、にきび跡となって残ります。にきび跡といっても人によって状態はさまざまです。クレーターでも広く浅いタイプ、深く狭いタイプがあります。また、アイスピックを刺したように深い部分までダメージを受けているにきび跡もあります。基本的に、皮膚が薄い人ほどにきび跡が出来にくく、皮膚が厚い人ほど出来やすいと言われています。真皮レベルや脂肪組織まで傷ついている場合、美容皮膚科クリニックで治療を受けるしかなくなります。大阪の美容皮膚科クリニックでは、それぞれのにきび跡、肌質、予算にあった治療法を提案してくれます。